今日のニュース

気になったニュース

真田家存続は武田のおかげ…信玄の祭りに初参加

f:id:obaco:20170409124157j:image

陣羽織を身にまとって信玄公祭りに参加した真田さん(左)と武田さん(甲府市で)

 武田信玄、勝頼に仕えた戦国武将・真田昌幸の長男信幸(のち信之)の子孫で、真田家14代当主の真田幸俊さん(47)が8日、信玄公祭りに初参加した。

 信幸の弟・信繁(幸村)を主人公にしたNHKの大河ドラマ真田丸」が昨年放送されたこともあり、信玄の遺臣らの子孫約140人でつくる「武田家旧温会」が真田さんを招待。真田家の子孫が祭りに参加するのは初めてという。

 真田さんは、信玄の子孫で武田家16代当主・武田邦信さん(68)ら約70人と一緒に「出陣を彩るパレード」に参加。赤色の陣羽織を身にまとい、JR甲府駅周辺から平和通りを練り歩いた。

 この日は武田家旧温会の総会も開かれ、真田さんは「真田家が生き残ったのは武田家のおかげ。武田家との縁をこれからも大切にしていきたい」とあいさつした。

2017年04月09日 12時00分    Copyright © The Yomiuri Shimbun