読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

脳内で記憶の固定化、過程を解明…利根川教授ら

f:id:obaco:20170407092923j:image

 【ワシントン=三井誠】脳内で短期的な記憶が長期的な記憶に変わって固定化される過程を明らかにしたと、米マサチューセッツ工科大(MIT)の利根川進教授と北村貴司研究員らが7日付の米科学誌サイエンスに発表する。

  研究チームは、箱の中に入れたマウスに電気刺激を与えた後、マウスがそれを思い出して身をすくめる際に、脳内で記憶を担う神経細胞がどのように働いているかを観察した。

 その結果、電気刺激の記憶は海馬かいばと大脳皮質の両方に作られるが、大脳皮質の記憶細胞は最初は未成熟で、海馬から信号を受けるなどして10日後までに成熟することがわかった。2週間後以降は、海馬の記憶細胞は働かなくなり、代わりに大脳皮質の記憶細胞だけが働くようになった。
2017年04月07日 07時04分    Copyright © The Yomiuri Shimbun