読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

トランプ米大統領、側近バノン氏をNSCから外す 米メディア報道

f:id:obaco:20170406100415j:image

米大統領首席戦略官・上級顧問のバノン氏は経済ナショナリズムを主導する=ロイター
 【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領が米国家安全保障会議(NSC)を再編し、側近のスティーブン・バノン米首席戦略官・上級顧問をメンバーから外したことが5日わかった。複数の米メディアが伝えた。NSCは軍人出身のマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)が取り仕切る。政権内でバノン氏ら側近グループとの主導権争いが激しくなっている可能性もある。

 トランプ氏は政権発足後、外交・安保の専門家ではないバノン氏を常任委員に抜てきしていた。一方で中核メンバーである統合参謀本部議長、国家情報長官(NID)を非常任委員に降格したが、この人事に与野党から反発の声が上がっていた。

 NSCは安全保障に関する最高意思決定機関で外交や軍事、政府機関の活動と国防政策の調整などを大統領に助言する。

2017/4/6 1:33    日経新聞

 

バノン氏、常任メンバー外れる…米NSC改革案

 【ワシントン=尾関航也】米国家安全保障会議(NSC)の新たな機構改革案が5日明らかになり、国家安全保障担当大統領補佐官や国務長官、国防長官らが出席するNSC閣僚級委員会の常任メンバーからスティーブン・バノン大統領上級顧問・首席戦略官が外れた。

 NSCはホワイトハウスの安全保障政策の司令塔。バノン氏の離任はマクマスター大統領補佐官が主張していたとされ、これにより、マクマスター氏の影響力が強まるとみられる。

 バノン氏はトランプ大統領が1月28日に署名した大統領令で常任メンバーに抜てきされたが2か月余りで降板となった。上級顧問・首席戦略官のポストに変わりはない。1月の大統領令で常任メンバーから外れたダンフォード統合参謀本部議長は常任メンバーに戻った。
2017年04月06日 01時31分    Copyright © The Yomiuri Shimbun