今日のニュース

気になったニュース

日本を代表する詩人、大岡信さん死去…86歳

f:id:obaco:20170405201807j:image

大岡信さん

 明晰めいせきな知性と柔らかな感受性で詩作や文芸批評に活躍した現代日本を代表する詩人の大岡信(おおおか・まこと)さんが5日午前10時27分、呼吸不全のため静岡県三島市内の病院で死去した。

 86歳だった。葬儀は近親者で行う。

 歌人・大岡博さんの長男として同市に生まれ、旧制沼津中時代から詩や短歌に親しんだ。東大卒業後、読売新聞に入社。川崎洋茨木のり子らの詩誌「櫂かい」に参加し、56年に第1詩集「記憶と現在」を出した。63年に退社し、「春 少女に」や「地上楽園の午後」(詩歌文学館賞)などの詩集を発表した。

 古典や現代芸術への造詣も深く、「紀貫之」(読売文学賞)、「詩人・菅原道真」(芸術選奨文部大臣賞)など文芸、美術、演劇評論でも活躍。
2017年04月05日 19時02分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

詩人の大岡信さん死去 86歳「折々のうた

 「折々のうた」「紀貫之」などの著書で知られ、戦後を代表する詩人で評論家の大岡信(おおおか・まこと)氏が5日午前10時27分、呼吸不全のため静岡県三島市内の病院で死去した。86歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻、かね子さん。

 静岡県出身。中学時代から詩を書き始め、東大国文科を卒業した後、読売新聞社に入社。退社後に明治大で教壇に立つかたわら、詩の創作を続けた。豊かな感性で紡ぎ出す詩の世界が国内外で高い評価を受けた。

 連歌連句を現代詩に取り込んだ「連詩」も展開。海外の詩人らと長期にわたって共同創作を続け、欧米などで「Renshi」の言葉を広めた。

 豊富な知識を背景に小説、美術、音楽など幅広い分野の批評家としても活躍。翻訳、戯曲にも精力的に取り組んだ。主な著作に「岡倉天心」「詩人・菅原道真」「大岡信全詩集」など。詩集に「旅みやげ にしひがし」「春 少女に」「故郷の水へのメッセージ」など。

 日本ペンクラブ会長、日本文芸家協会理事なども歴任。1997年文化功労者。2003年文化勲章

2017/4/5 18:44    日経新聞

 

 

詩人の大岡信さん死去 朝日新聞コラム「折々のうた

朝日新聞の詩歌コラム「折々のうた」で知られ、文学をはじめ音楽、演劇、美術など多彩な分野で評論活動を行った詩人で、文化勲章受章者の大岡信(おおおか・まこと)さんが5日午前10時27分、誤嚥性(ごえんせい)肺炎のため静岡県三島市の病院で死去した。86歳だった。家族で密葬をし、後日お別れの会を開く予定。喪主は妻で劇作家の深瀬サキ(本名・大岡かね子)さん。
 31年、歌人大岡博の長男として現在の静岡県三島市に生まれ、旧制沼津中在学中から詩を書き始めた。旧制一高を経て、東大国文学科在学中の51年、日野啓三らと同人誌「現代文学」を創刊。53年、読売新聞社に入社し、外報部勤務のかたわら詩作を続け、54年に川崎洋茨木のり子らの詩誌「櫂(かい)」に加わった。55年に「現代詩試論」を刊行し、批評家として頭角を現す一方、56年の第1詩集「記憶と現在」でみずみずしい作風が注目された。

 63年に退社後、本格的な創作活動に取り組んだ。主な詩集に「水府 みえないまち」「草府にて」「春 少女に」(79年無限賞)、「故郷の水へのメッセージ」(89年現代詩花椿〈つばき〉賞)、「地上楽園の午後」(93年詩歌文学館賞)など。古今東西の文学・芸術の知識に裏打ちされ、豊かな叙情をたたえた作品群は戦後詩史の中で重要な地位を占める。

 評論活動では伝統的な詩歌の世界に目を向けた。主な評論集に「蕩児(とうじ)の家系」(69年歴程賞)、「紀貫之」(72年読売文学賞)、「うたげと孤心」「詩人・菅原道真」(90年芸術選奨文部大臣賞)など。

 和歌や俳句から歌謡や漢詩、近・現代詩に至るまで多彩なジャンルの詩歌を取り上げた人気コラム「折々のうた」を79年1月に始め、詩歌の魅力を広く読者に伝えた業績で80年に菊池寛賞。コラムは休載をはさみながら07年3月まで計6762回続いた。

 連歌連句の伝統を踏まえながら詩を共同制作する「連詩」の創始者でもある。実相寺昭雄監督の映画「あさき夢みし」の脚本、武満徹らとの歌曲の共同制作、丸谷才一井上ひさしらとの連句の会、放送劇や戯曲など活動は多方面にわたった。

 明治大や東京芸術大の教授を務め、89~93年に日本ペンクラブ会長、01~07年度に朝日賞選考委員。95年恩賜賞・日本芸術院賞、96年マケドニアの国際的なストルガ詩祭で金冠賞、97年朝日賞と文化功労者、02年国際交流基金賞、03年文化勲章、04年には仏レジオン・ドヌール勲章オフィシエ

 09年に脳出血、11年に誤嚥性肺炎を患い、病気療養のため、東京から静岡県裾野市へ転居。同年、「大岡信ことば館」が同県三島市に開館した。14年末にインフルエンザで体調を崩して15年春まで入院。その後は裾野市の自宅で闘病していた。

 東京経済大教授で芥川賞作家の大岡玲さんは長男。

2017年4月5日18時14分    朝日新聞デジタル