読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

アンドロイドがOS首位に、ウィンドウズ陥落

 【ニューヨーク=有光裕】スマートフォンやパソコンで使われている基本ソフトの世界シェア(市場占有率)で、米グーグルの「アンドロイド」が米マイクロソフトの「ウィンドウズ」を抜いて初めて首位になったことが3日わかった。

 アイルランドの調査会社スタットカウンターの発表によると、3月の基本ソフトの世界シェアは、アンドロイドが37・93%に上昇したのに対し、ウィンドウズは37・91%にとどまった。

 アンドロイドはスマホ用の基本ソフトで、スマホの世界的な普及が追い風になった。逆にパソコン用の基本ソフトであるウィンドウズはパソコン市場の縮小が逆風となった。調査会社は「1980年代から続いたマイクロソフトの時代が終わりを告げた」としている。

2017年04月04日 19時45分    Copyright © The Yomiuri Shimbun