今日のニュース

気になったニュース

道徳、全教科書に「いじめ」記述…18年度から

 文部科学省は24日、2018年度から使用する小学校の道徳と主に高校2、3年用の教科書検定の結果を公表した。

 道徳は18年度以降、小中学校とも現在の教科外の活動から「特別の教科」になり、「考え、議論する道徳」へと転換する。教科化は11年に大津市で起きた男子中学生のいじめ自殺が発端で、検定に合格した8社の教科書すべてに「いじめ」を題材とした記述が盛り込まれた。

 義務教育で新しい教科書が検定に登場したのは1990年度の小学校の「生活科」以来26年ぶり。小学校の道徳の検定には教科書会社8社が24点(分冊を含め66冊)を申請し、すべて合格した。道徳の評価は数値ではなく、成長の様子を記述するため、評価に役立つよう児童が書き込めるノート形式の分冊を導入した社もあった。
2017年03月24日 22時10分    Copyright © The Yomiuri Shimbun