読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

「国粋主義学校に献金の疑い」報道も 海外記者が関心

f:id:obaco:20170324115807j:image

米CNNが23日に配信した電子版の記事

 大阪府豊中市の国有地売却問題で、23日にあった学校法人「森友学園」の籠池泰典氏(64)の証人喚問の様子は、海外メディアでも相次いで報じられた。証人喚問後には日本外国特派員協会で籠池氏の記者会見があり、外国人ジャーナリストが多数駆けつけた。

 「安倍晋三夫妻、ウルトラ・ナショナリスト国粋主義)学校に献金の疑い」――。英紙ガーディアン電子版は23日、こう見出しを付けて報じた。米CNNも、日の丸を背景に籠池氏と安倍夫妻、稲田朋美防衛相を組み合わせた写真を使い、「名誉校長」「防衛相との関わり」などの項目を立てて詳報した。

 日本外国特派員協会で23日夜にあった記者会見。用意された約200席は国内外の約70社の記者ですぐ満席になり、約1時間半、質問の手が挙がり続けた。

 質問が相次いだのは学園の教育について。イタリアのニュース専門局「SkyTG24」の極東特派員ピオ・デミリア氏は「世界各国で愛国主義が悪い形で広がっている」と指摘し、籠池氏の教育方針について尋ねた。籠池氏は「我が国は愛国心が他国より低い。愛国心教育は必要だ」と答えた。デミリア氏は会見後、「日本の国粋主義はかつて悪いことをした。森友のような教育システムが行われるのはちょっと心配だ」と語った。

 香港フェニックステレビの李淼(リミャオ)東京支局長は、2月中旬から一連の問題を取材しているという。学園が運営する幼稚園の運動会で園児らが「中国、韓国が心改め、歴史でうそを教えないようお願いいたします」と宣誓したことを質問した。会見後、李さんは「人種差別的、ヘイト的な発言が適切なのかどうか、関心を持っている」と話した。

 一方、米ニューヨーク・タイムズ紙の記者は、国有地の8億円の減額に安倍首相が関わったと思うか、籠池氏の認識を繰り返し質問。英タイムズ紙の記者は、籠池氏の「神風が吹いた」という発言の真意を尋ねた。

 インターネットや米国のテレビ局向けに日本の情報を英語で発信している新月通信社のマイケル・ペン社長(46)は「外国メディアにとって最大で唯一の関心は、安倍首相が生き残るかどうかだ」。これまで森友学園の問題について、外国メディアはほとんど注目していなかったという。「首相の退陣につながるとすると重要な国際ニュースになる。それだけ国会での証人喚問は劇的だった」

 フリーランスのダニエル・ハースト記者(29)は、英ガーディアン紙に記事を配信した。安倍首相の支持率にどう影響するか注目する。「彼は長いこと首相を務めているため、世界中で知られた存在。彼のリーダーシップや支持率に響くようならば、それは世界の関心でしょう」(山本晋、軽部理人、坂本進)

2017年3月24日11時52分    朝日新聞デジタル