今日のニュース

気になったニュース

トランプ氏、NATO防衛費「公平に負担を」 メルケル氏と会談

f:id:obaco:20170318091325j:image

 3月17日、トランプ米大統領がドイツのメルケル首相と会談した。写真はホワイトハウスで同日撮影(2017年 ロイター)

 【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領は17日、訪米したドイツのメルケル首相とホワイトハウスで会談した。会談後の共同記者会見でトランプ氏は、北大西洋条約機構NATO)について「強く支持する」と述べる一方で「同盟国が防衛費を公平に負担する必要がある」と強調した。メルケル氏は防衛費を国内総生産(GDP)の2%以上とするNATOの目標基準を「2024年までに達成する」と言明した。

 意見が対立する難民問題について、受け入れ反対派のトランプ氏は「国民の安全が常に第一だ」と指摘。受け入れに寛容なメルケル氏は「難民に生活再建の機会を与えるべきだ」と述べ、立場のずれが改めて明らかになった。

2017/3/18 5:43    日経新聞

 

トランプ氏「NATO強く支持」、メルケル氏と初顔合わせ

[ワシントン 17日 ロイター] - トランプ米大統領は17日、 ワシントンでドイツのメルケル首相と会談し、北大西洋条約機構NATO)に対する強い支持を表明した。また、ドイツに対しNATOへの支出目標を達成するよう要請した。

今回の会談は両首脳にとり初の顔合わせ。トランプ大統領は会談後の共同記者会見で、「メルケル首相に対しNATOを強く支持していると強調すると同時に、NATO同盟国が公平な防衛予算を拠出する必要があることについても強調した」と述べた。

メルケル首相は、トランプ氏に対しドイツはNATOの支出目標を達成する必要があると伝えたと語った。

両首脳はNATO問題のほか、ウクライナ情勢やアフガニスタン情勢についても意見を交換した。

通商関係については、トランプ大統領は米国とドイツは「非常に良好」な関係を持つことができると指摘。メルケル氏は欧州連合(EU)と米国が貿易協定をめぐる交渉を再開できることを望むと述べた。

トランプ氏は孤立主義は信じていないとしながらも、通商政策は一段と公平なものでなくてはならないと主張。メルケル氏は「意見の相違がある分野についても言葉を交わした」とし、「双方に恩恵がある形での着地点を模索した」と述べた。

トランプ大統領はこのほか、ツイートしたことについて「ほどんど」後悔することはないと述べ、オバマ前政権が自身の電話を盗聴したと根拠もなくツイートしたのではないかとされている問題を一蹴。オバマ前政権時代に米情報機関がメルケル氏の携帯電話を盗聴していた疑いが指摘されていることを踏まえ、「少なくとも(メルケル氏と自身の間に)何らかの共通項はある」と述べた。 

2017年 03月 18日 06:45   ロイター