読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

実行役の女、カンボジアなどで予行演習 正男氏殺害

f:id:obaco:20170315110550j:image

シティ・アイシャ被告(警察が2月19日に公開)

 北朝鮮金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、実行犯の一人、インドネシア人のシティ・アイシャ被告(25)が北朝鮮国籍の男とカンボジアやマレーシアで事前に計10回、犯行の予行演習をしていたことがわかった。
 インドネシア当局者によると、シティ被告は1月下旬にカンボジアで計3回、2月にクアラルンプールの空港やショッピングモール、ホテル、鉄道駅で計7回、予行演習をしていたという。このうち、カンボジアへは「ジェームズ」を名乗る男が同行。ジェームズは、マレーシア警察が行方を追っている北朝鮮国籍のリ・ジウ容疑者(29)とされる。カンボジア北朝鮮の友好国として知られる。

 当局者によると、シティ被告はカンボジア北朝鮮の秘密警察に属するオ・ジョンギル容疑者(54)にも会っていたとみられる。オ容疑者は事件当日もシティ被告に付き添い、犯行を見届けるとすぐに出国。すでに北朝鮮に帰国したとされる。オ容疑者はインドネシアの大学でインドネシア語を専攻し、ジャカルタ北朝鮮大使館で外交官として勤務した経験もあるという。

 シティ被告はインドネシア領バタム島で働いていた際、マレーシア人男性からジェームズを紹介され、勧誘されたという。友人の男性は朝日新聞の取材に、「彼女は1月に、いたずらビデオへの出演に誘われたと話していた」と証言しており、公判では正男氏を襲撃した際に殺意があったかどうかが焦点になる。

 一方、もう一人の実行犯、ベトナム人のドアン・ティ・フォン被告(28)もカンボジアを1月中旬に訪れたことが、自身の「フェイスブック」への投稿から分かっており、同様の予行演習だった可能性がある。(ジャカルタ=古谷祐伸、クアラルンプール=遠藤雄司)

2017年3月15日09時58分    朝日新聞デジタル