読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

サウジ「脱石油」支援…首脳会談、経済協力確認

政治・行政

f:id:obaco:20170313235125j:image

首脳会談の冒頭、サウジアラビアのサルマン国王(左)と握手する安倍首相(13日午後6時28分、首相官邸で)=吉岡毅撮影

 安倍首相とサウジアラビアのサルマン国王が13日、首相官邸で会談し、サウジ経済の石油依存脱却を図るための協力文書「日・サウジ・ビジョン2030」を発表した。

 両国を「戦略的パートナー」と位置づけ、中東地域の安定のために協力することでも一致した。

 協力文書は、サウジが30年を目標に策定した経済戦略を土台に、インフラ(社会資本)や娯楽産業など9分野を協力分野と位置づけた。日本企業のサウジ進出を促すため、経済特区設置に向けた調査の開始や、日本からサウジを訪れるビジネスマンらを対象に最長3年間で何回でも出入国できる数次査証(ビザ)の導入を盛り込んだ。

 具体的な協力案件として、〈1〉サウジの国営石油会社サウジアラムコ東京証券取引所上場に向けた共同研究会の設立検討〈2〉新エネルギー・産業技術総合開発機構NEDO)とサウジ公社による海水淡水化の実証事業〈3〉「日本文化週間」を4月にサウジの首都リヤドで開催――などを明記した。
2017年03月13日 21時06分    Copyright © The Yomiuri Shimbun