今日のニュース

気になったニュース

ゾウの鼻にはね飛ばされ、タイ人の飼育員が死亡

 12日午前9時15分頃、和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で、オリの中でアジアゾウの体を洗っていたタイ国籍の飼育員ウィチャイ・マディさん(37)が、ゾウが振り回した鼻にはね飛ばされて金属製の柵に激突。

 マディさんは頭を強く打ち、病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。

 県警白浜署や施設の発表では、マディさんは開場前の午前9時頃から、別の飼育員(53)とともに雌の「ラリー」(体重約3・5トン、40歳)の体を洗っていた。水をかけたり、ブラシで体をこすったりしたところ、ラリーが突然、立ち上がって鼻を振り回したという。オリは幅約17メートル、奥行き約6メートル、高さ約3メートルで、別のアジアゾウ1頭もいた。

 マディさんはタイでゾウの飼育の経験があり、2015年6月から施設で働いていた。
2017年03月12日 19時52分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

飼育員男性 象の鼻に当たり死亡 和歌山

12日午前、和歌山県白浜町の動物公園で、タイ人の男性飼育員が象の世話をしていたところ、象が振り回した鼻に当たりまもなく死亡しました。警察が詳しい状況を調べています。
12日午前9時すぎ、白浜町の動物公園、「アドベンチャーワールド」でタイ人の飼育員、ウィッチャイ・マディーさん(37)が、インド象の体を洗っていたところ象が嫌がって鼻を振り回しウィッチャイさんに当たりました。

ウィッチャイさんは病院に運ばれましたが、頭を強く打っていて、警察によりますとおよそ1時間後に死亡しました。警察が詳しい状況を調べています。

3月12日 12時00分    NHKニュース