今日のニュース

気になったニュース

「森友小」大阪府が不認可へ…契約書虚偽の疑い

f:id:obaco:20170310090034j:image

 学校法人「森友学園」(大阪市、籠池かごいけ泰典理事長)が大阪府豊中市に建設中の小学校「瑞穂みずほの国記念小学院」について、小学校の施工業者は9日、読売新聞の取材に、学園側の要請で3種類の契約書を作成したことを認めた上で、「府と国の契約書には実際とは異なる金額を書いた」と証言した。

 府は、契約書が虚偽だったとの見方を強め、学校の設置を不認可とする方針を固めた。

 学園側は、府教育庁への「7億5600万円」のほか、騒音対策の助成金を申請するため、空港運営会社「関西エアポート」に「約15億5000万円」、国には補助金申請のため「23億8400万円」と、いずれも2015年12月3日付の計3種類の契約書を提出した。

 これに対し施工業者は、本来の契約金は「15億5520万円」と説明。

2017年03月10日 06時03分    Copyright © The Yomiuri Shimbun