読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

日本2連勝、豪州に4-1で逆転勝ち…WBC

f:id:obaco:20170309022709j:image

8回2死1塁、筒香が2ランを放つ(8日)=中司雅信撮影

  ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドB組(読売新聞社など主催)の日本代表「侍ジャパン」-豪州戦は8日、東京ドームで行われ、日本が4-1で逆転勝ちし、2連勝とした。

 9日に豪州が中国に勝てば、日本は10日の最終中国戦を待たずに、2次ラウンド進出が決まる。

 二回に1点を先制された日本は五回、松田の犠飛で追いつくと、七回には、前日から無安打の中田がソロ本塁打を放ち、勝ち越し。さらに八回、筒香が右越えに2試合連続本塁打となる2ランを放り込み、突き放した。先発菅野(巨人)は、二回に本塁打を浴びたが、五回一死まで4安打1失点と先発の役割を果たした。日本は、岡田(中日)-千賀(ソフトバンク)-宮西(日本ハム)と継投し、九回は前日に続いて牧田(西武)が締めた。

 先攻の日本は初回、山田、菊池が連打したが3~5番が凡退し、先制機を逃した。

 日本先発の菅野は二回、二死から7番の右打者に右越えソロを浴びた。

 初回途中から12者連続で凡退と、豪州先発の右腕アサートンに手こずっていた日本打線は五回、先頭の坂本勇が左翼への当たりで二塁を陥れる好走。鈴木が今大会初安打で続いてアサートンをKO。松田が2番手左腕から左犠飛を放った。その裏、菅野は死球と内野安打を許して降板。代わった岡田は制球が定まらず一死満塁とされたが、併殺で切り抜けた。

 七回、日本は先頭の中田が、この回から登板した3番手右腕の初球の変化球をとらえ、左越えソロ本塁打を放った。千賀は六、七回を1安打4三振とほぼ完璧な内容で無失点。

 八回、日本は二死から青木が四球で出塁すると、筒香が4番手左腕から右翼席まで大きな放物線を描いた。その裏、4番手の宮西は2三振を奪い、三者凡退に抑えた。

 九回は、牧田が三者凡退で締めた。

 日本の先発オーダーは、以下の通り。

 1番 DH・山田(ヤクルト)、2番 二塁・菊池(広島)、3番 中堅・青木(アストロズ)、4番 左翼・筒香(DeNA)、5番 一塁・中田(日本ハム)、6番 遊撃・坂本勇(巨人)、7番 右翼・鈴木(広島)、8番 三塁・松田(ソフトバンク)、9番 捕手・小林(巨人)

2017年03月08日 22時28分    Copyright © The Yomiuri Shimbun