今日のニュース

気になったニュース

石原元知事、小池都知事に「法的手続きを検討」

f:id:obaco:20170308125605j:image

豊洲市場問題で記者会見する石原元都知事(3日、東京都千代田区で)

 元東京都知事石原慎太郎氏は7日、築地市場中央区)の豊洲市場江東区)への移転延期を決めた小池百合子知事に対し、法的手続きを検討していることを明らかにした。

 関係者によると、移転延期で都が支出することになった業者への補償金や、豊洲市場の維持管理費などの返還を求める住民監査請求や住民訴訟を想定しているという。

 石原氏はこの日、都内で3日に開いた記者会見の「訂正文」を発表。その中で、「専門家の話から、豊洲市場は安全だ。行政も議会も移転を決定したのだから、一日も早く移転すべきだ」と主張し、「小池知事こそ(築地市場を)移転させない不作為について責任がある。このまま無策を続けるのであれば、法的手続きも検討せざるを得ない」と明記した。

 また、売買契約時に、東京ガスに追加の土壌汚染対策費用を求めない「瑕疵かし担保責任の免責」を盛り込んだ理由について、「東京ガスは当時の法令に従って必要な対策は実施済みだった」と補足説明し、「法令が要求する水準以上の『安心のための』対策は、東京ガスに要求できる費用ではない」と妥当性を強調した。

 この他、記者会見で、都知事本局の局長だった前川燿男あきお・練馬区長が、東京ガスと都が2011年に、豊洲用地の売買契約を結んだ際の担当者と指摘したことについて、「(契約前の)合意書、確認書と売買契約を混同した」と訂正した。

 記者会見で、売買契約書への押印を「覚えていない」と語った点は、「知事自身が押印するわけではない。契約書が都知事名義でも、知事が決裁するとは限らない」と説明した。

 小池知事は7日、「(石原氏の訂正文について)報告は聞いている。中身はこれから精査していきたい」と述べた。

2017年03月08日 10時49分    Copyright © The Yomiuri Shimbun