今日のニュース

気になったニュース

「日本に高い非関税障壁」米通商会議委員長

 【ワシントン=山本貴徳】米国家通商会議(NTC)のピーター・ナバロ委員長(大統領補佐官)は6日、ワシントンで講演し、「日本には高い非関税障壁がある」と指摘した。

 ナバロ氏は「貿易赤字の縮小が経済成長につながる」と述べ、米国が巨額の貿易赤字を計上している国として中国、日本、ドイツ、メキシコを名指しした。

 対日貿易については、「米国から日本への1年分の自動車輸出より、日本から米国への2日分の方が多い」と不満を漏らし、改善を求める考えを示唆した。ただ、何が非関税障壁に当たるかは、言及しなかった。

 NTCはトランプ米政権の通商戦略を担う組織として新設された。ナバロ氏はその役割について、「自由、公正で互いに利益がある貿易体制」の構築だと訴えた。そのために、多国間ではなく、米国の主張を通しやすい2国間交渉へと軸足を移す考えを強調した。

2017年03月07日 21時01分    Copyright © The Yomiuri Shimbun