今日のニュース

気になったニュース

「素晴らしいと聞いた」から一転批判へ 森友学園で首相

f:id:obaco:20170304100530j:image

国会で「反論」に追われる安倍首相

 森友学園との関係や政治家の介入の有無、不透明な土地売却の手続き――。これまでの国会審議で、安倍晋三首相は釈明と反論を繰り返してきた。首相が出席して6日に行われる参院予算委員会の集中審議を前に、発言を整理した。
 学園の幼稚園で教育勅語を暗唱させ、憲法改正で首相を後押しする日本会議のメンバーの籠池氏との接点について、首相は妻昭恵氏の大阪の知人を通して知り合ったと説明。当初、「妻から(籠池)先生の教育に対する熱意は素晴らしいと聞いている」(2月17日)と評価していた。

 ところが幼稚園の教育方針をめぐる問題が指摘され始めると一転、「教育者としていかがなものか」(同24日)と批判。野党から「(園児が)『安倍首相がんばれ。安保法制国会通過よかったです』と言うような幼稚園は首相の共鳴するものか」と追及されると「教育の詳細は全く承知していない」「『がんばれ』とか園児に言ってもらいたくない」(同27日)と突き放すようになった。

 新設予定の小学校の名誉校長に就いていた昭恵氏が学園に「内閣総理大臣夫人」と紹介されていたことについて、野党から「広告塔」だったと指摘されると、「妻は妻で別途人生がある。先方(学園側)がどういう肩書を書いているかまで責任を持てない」(3月1日)と自らの責任を否定した。

 籠池氏との間では、説明に食い違いも出ている。昭恵氏が名誉校長に就いた経緯を、首相は「妻は断ったが突然(講演会で)紹介された」(2月24日)と説明したが、籠池氏はNHKのインタビューで「承認してもらったうえで講演で紹介し、名誉校長に就任してもらった」と主張。雑誌対談で「首相には学園に足を運んで頂いた」と述べた籠池氏の説明も、「訪問していない」(同日)と否定した。

 首相は学園側との資金的な結びつきを一貫して否定した。幼稚園の保護者向けの資料に2015年に幼稚園で講演した昭恵氏への支出を示す記載があると野党側から指摘されたが、「全く承知していない」(同28日)と明言した。

■内部調査に消極的

 最大の焦点は政治家の介入の有無だ。

 首相は「私や妻が(国有地売却や学校認可に)関係していたことになれば首相も国会議員も辞める」(2月17日)と断言。他の政治家についても「土地処分について不当な働きかけは一切なかったと報告を受けている」(同24日)と言い切り、根拠として「もし不当な働きかけがあれば(記録に)残さなければいけない」(同27日)ことを挙げた。

 ただ、一方で財務省は売買に関する面会記録を「破棄した」と説明している。

 そうしたなか、自民党参院議員の鴻池祥肇(こうのいけよしただ)元防災担当相が籠池氏から働きかけを受けたと証言。共産党小池晃書記局長は参考人招致自民党総裁として指示するよう再三迫ったが、首相は「議会運営のことであるから、国会で決めていただくことだ」(3月1日)と答弁。内部調査にも消極的な姿勢を示した。

■「会計検査院が審査すべきだ」

 9億5600万円だった鑑定価格から地下ごみの撤去費として8億1900万円が減額された売却額の算定経緯。首相は「そこに汚染土や廃棄物等々もあり、価格として減価されている。適法だったと思う」(2月24日)と語り、政府の対応に問題はないとの立場を強調している。

 撤去費を減額して売却しながら、学園側が実際にはごみを撤去していなかったことは、「その土壌の上で学校を経営すべきかどうかは(開設の認可権限を持つ)大阪府(の判断)になるのだろう」(同日)と説明する。

 学園側に分割払いを認めたり売却額を当初非公表としたりした手続きが異例ずくめだと野党は追及するが、首相は「独立した会計検査院がしっかりと審査すべきだ」(3月2日)と述べ、批判をかわしている。(坂本進、南彰)

2017年3月4日09時35分    朝日新聞デジタル