今日のニュース

気になったニュース

洲本の5人刺殺、死刑を求刑…「責任能力ある」

 兵庫県洲本市で2015年3月、2家族の男女5人を刺殺したとして殺人罪などに問われた平野達彦被告(42)の裁判員裁判の公判が3日、神戸地裁(長井秀典裁判長)であり、検察側は「近隣住民を5人も殺害した残虐な犯行。更生の余地はない」として、死刑を求刑した。

 弁護側は最終弁論で、被告の刑事責任能力について争う姿勢を改めて示した。判決は22日の予定。

 被告は精神障害があり、公判では「工作員に脳を操られて事件を仕組まれた」と主張している。

 検察側は論告で「被告は被害者の家族との間にあった現実のトラブルから悪感情を募らせており、精神障害の影響は限定的だった」と指摘。凶器のナイフを事前に購入し、インターネットで殺傷方法を調べていたことなどから、犯行には計画性があったとし、「被告には完全責任能力があり、正常な意思に基づいて殺害を実行した」と主張した。

 遺族2人も意見を述べ、殺害された平野浩之さん(当時62歳)の長男は「何の前触れもなく平凡な日の朝に命を落とした」、平野毅さん(同82歳)の孫の男性は「被告は反省しておらず、社会に戻っても同じような犯罪を犯す可能性がある」として、それぞれ死刑を求めた。

 一方、弁護側は「被告は工作員からの攻撃への報復と考えていた。(殺害は)正しい行為だと確信していた」と述べ、善悪を判断する能力に疑いがあると主張した。

2017年03月03日 12時08分    Copyright © The Yomiuri Shimbun