今日のニュース

気になったニュース

100年ぶり「群来」、ニシンで海が白濁…江差

f:id:obaco:20170301105719j:image

海が白く濁った「群来」(26日午前、江差町で)=道檜山振興局提供

 北海道は28日、江差町で繁殖のために押し寄せた大量のニシンで海が白く濁る「群来くき」が確認されたと発表した。

 かつてはニシン漁でにぎわった同町だが、その後は衰退していた。群来が確認されたのは約100年ぶりという。

 道によると、26日午前、江差港の南にある「えびす浜」付近の海が白濁しているのを漁業者が発見。28日には付近の海底で、海藻に産み付けられたニシンの卵が見つかったという。

 江差町によると、町内でのニシンの豊漁は1913年(大正2年)が最後という。檜山地方では2009年からニシンの稚魚の放流を行っており、同町は「放流の成果が表れているのではないか」と話している。

2017年03月01日 09時58分    Copyright © The Yomiuri Shimbun