今日のニュース

気になったニュース

東芝、半導体分社化4月に…3月末債務超過濃厚

 米原子力事業で7000億円超もの損失を計上する見通しの東芝は、半導体事業の分社化を4月へ先送りする方針を固めた。

 従来は決算期末の3月末までに分社化し、新会社株の2割未満を売却して損失を埋め合わせる予定だった。ただ、財務の大幅な改善にはならないため、交渉に時間がかかっても株の50%以上を高値で売却する方針に切り替えた。資本増強しなければ、2017年3月末には負債が資産を上回る債務超過に陥る可能性が高くなった。

 売却に向けた新たな入札は3月までに始める。4月に分社化するとともに、5月までに売り先を決め、17年度中の売却完了を目指す。半導体の拠点である四日市工場(三重県)や雇用を守ることを売却条件にする。
2017年02月23日 09時08分    Copyright © The Yomiuri Shimbun