今日のニュース

気になったニュース

プレミアムフライデー初日、夜の衆院採決に懸念

 2017年度予算案の衆院通過を巡る与野党攻防がヤマ場を迎えている。

 自民党は20日の衆院予算委員会理事会で、24日の採決を改めて打診したが、民進党は拒否した。

 24日は早めに退社・退庁をして趣味などを楽しんでもらおうと政府が旗を振る「プレミアムフライデー」の初日で、政府・与党内からも国会審議に伴い官僚の退庁が遅くなれば、「率先垂範にならない」との声も上がっている。

 「国会議員はともかく、国会職員、官庁職員にどう配慮するか悩んでいる」

 自民党竹下亘国会対策委員長は20日の政府与党協議会で、プレミアムフライデー初日の24日に衆院予算委・本会議での採決スケジュールが夜にずれ込むことを懸念した。政府・与党は一日も早い予算案の通過・成立を目指す立場だが、この日が「深夜国会」となることには腰が引けている。このため、与党は「24日の衆院通過をずらせば、野党にも日程で譲ったと言うことができる」として、衆院通過を27日とする妥協案も模索している。

2017年02月21日 09時00分    Copyright © The Yomiuri Shimbun