読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

東海と近畿で春一番…東京都心では19・7度に

社会 気象・天気

f:id:obaco:20170220221353j:image

時折風が強くなる中、傘を差して歩く人たち(20日午後5時34分、東京都新宿区で)=大石健登撮影

 発達した低気圧が日本海上を進んだ影響で、20日は北日本から西日本にかけて強い南風に見舞われ、気象庁は東海と近畿で「春一番」が吹いたと発表した。

 東京都心で最高気温が4月中旬並みの19・7度に達するなど気温も上昇したが、21日は冬型の気圧配置が強まって冷え込む見通しで、同庁が暴風雪などへの注意を呼びかけている。

 同庁によると、20日午後6時までの最大瞬間風速は、東京都心28メートル、千葉県勝浦市32・2メートルなど。荒天で交通機関のダイヤも乱れ、JR東海道線や内房線などに運休が生じたほか、全日空日本航空では午後8時現在、国内便の計73便が欠航した。

 東京都台東区のJR御徒町駅では午前11時15分頃、高架下の工事現場で長さ4メートル、重さ約11キロの金属製パイプが倒れ、40歳代の女性が頭などに軽傷を負った。

2017年02月20日 20時58分    Copyright © The Yomiuri Shimbun