読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

犬の心が分かる…かも 大阪府立大、心拍を手がかりに

科学 動物

犬の心が分かる…かも 大阪府立大、心拍を手がかりに

f:id:obaco:20170218155808j:image

犬のストレス度を測る方法

 ペットの犬に装着したセンサーで「心の状態」を測定――。そんな手法を開発したと大阪府立大が発表した。感じているストレスの度合いを心拍を測定して読み取るという。18日、日本獣医内科学アカデミーの学会で発表する。
 人がストレスを感じると自律神経が影響を受け、心拍のリズム(間隔)が微妙に変化することがわかっている。リズムのゆらぎはストレス時では交感神経が働いて小さく、リラックス時は副交感神経が働いて大きくなる。人のストレス度測定は実用化されているが、犬は心拍数と関連がある呼吸数が、安静時は少なく、回数の変化も大きいため測定に適さなかった。

 島村俊介准教授(獣医学)らは犬用の新たな解析法を開発、リズムのゆらぎの程度をうまく指標化できるようにした。安静状態のビーグル犬5頭に緊張状態になる薬を投与すると、ゆらぎの指標は投与前の1%に減り、ストレス度が上がったことを確認できたという。

 測定に必要な時間は1分ほど。犬の健康管理や病気の早期発見につながる可能性もあり、2、3年後の実用化をめざし、シャープと共同で開発を進めている。

 島村さんは「ご飯や音楽の好き嫌いといった犬の心の内が分かるようになる。新たなコミュニケーションツールの一つにしたい」と話す。ちなみに猫は、犬と比べて心拍のゆらぎが小さく、今回の手法はそのまま使えないという。(石倉徹也)

2017年2月18日15時09分     朝日新聞デジタル

 

 

心拍変動から犬のストレス測定…センサー開発へ

f:id:obaco:20170218155532j:image

犬に装着した開発中のセンサー(島村准教授提供)

 犬の心拍の変動からストレス状態を測定する手法を、大阪府立大の研究チームが開発した。

 今後はシャープと共同で、犬の体に取り付け、健康管理などができるセンサーの開発に乗り出す。横浜市で開会中の関連学会で発表する。

 動物の心臓の動きは、その時々の環境で1拍ごとに速くなったり遅くなったりする。大阪府立大の島村俊介准教授(獣医学)ら研究チームは、ビーグル犬の心拍の変化に着目。薬物を使ってビーグル犬を緊張させたところ、心拍の間隔は一定だったという。

 島村准教授は「犬は、自らの体の変化を言葉で訴えられない。センサーでストレスを測定できれば、早い治療などにつなげられる」と話している。

2017年02月18日 15時21分    Copyright © The Yomiuri Shimbun