読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

がん10年生存率に開き…最低は膵臓の5・1%

f:id:obaco:20170216084437j:image

 全国がん(成人病)センター協議会は16日、がん患者の部位別10年生存率を公表した(表)。

  算出は昨年に続き2回目。全体の生存率は58・5%だったが、前回同様、部位別の生存率には大きな開きがあった。

 2000~03年に専門的ながん治療を行う20病院で診療した4万5359人のデータを基に、診断から10年後のがん生存率を算出した。がん以外の病気などで亡くなる場合もあるため、がん以外の死亡の影響は補正した。

 生存率が最も高いのは前立腺がんの94・5%、最も低いのは膵臓すいぞうがんの5・1%だった。

 5年と10年で生存率の経過を見ると、乳がん(5年89・3%→10年81・7%)、肝臓がん(5年34・1%→10年16・4%)などは低下の幅が大きく、5年以降も定期的な診療を受ける重要性が浮かび上がった。一方、胃がんや大腸がんは低下の程度は小さかった。

 集計結果は、同協議会のホームページ(http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/)で見られる。

2017年02月16日 00時01分    Copyright © The Yomiuri Shimbun