読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

3医師がマラソン大会で走者を救命、その後完走

社会 話題 スポーツ

f:id:obaco:20170215100919j:image

石垣市の中山市長(右)と懇談する(左から)東さん、柳沼さん、滝口さん(14日、会津若松市の竹田綜合病院で)

 沖縄県石垣市石垣島)のマラソン大会にランナーとして出場した福島県の医師3人がレース中、心肺停止で倒れた市民ランナーの人命を救った。

 14日には、石垣市の中山義隆市長が約2000キロ離れた会津若松市を訪問し、3人に感謝状を手渡した。

 感謝状を受けたのは、いずれも同市の竹田綜合そうごう病院のマラソンチームに所属する、同病院の研修医東孝泰あずまたかやすさん(28)、外科医滝口光一さん(36)、昨年9月まで同病院に勤務していた白河厚生総合病院(白河市)の小児科医柳沼和史さん(30)の3人。

 3人は1月22日に行われた石垣市主催の「石垣島マラソン」にチーム12人で出場した。スタートから約8キロの上り坂で、50歳代の男性ランナーが突然倒れた。直後に通りかかった東さんが「大丈夫ですか」と声を掛けても反応がなく、呼吸も心拍もなかったため、東さんはその場で心臓マッサージを始めた。間もなく滝口さん、柳沼さんも駆けつけ、蘇生に協力するランナーたちに指示を出した。

 約10分後、自動体外式除細動器(AED)で心拍が戻り、救急搬送された。その後、東さんは24キロ、滝口さん、柳沼さんはフルマラソンのレースに戻り、完走した。

 男性からは14日、東さんに「退院できました」と電話連絡があったという。東さんは昨春に大学を卒業したばかり。「驚いたが、とっさに体が動いた。これからも医療に全力で取り組みたい」と語った。

2017年02月15日 08時54分    Copyright © The Yomiuri Shimbun