今日のニュース

気になったニュース

ヒトラーそっくり男、生家周辺に出没して逮捕

 【ジュネーブ=笹沢教一】オーストリア警察は13日、同国北部ブラウナウにあるナチス・ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーの生家周辺で、ヒトラーそっくりの格好をして出没を繰り返していた男(25)を逮捕した。

 ロイター通信などが報じた。

 オーストリアはヒトラーナチスの礼賛を法律で禁じている。警察は「冗談や芸術でないのは明らかで、本人も自分のしたことを理解している」とし、逮捕は正当だと説明している。

 地元紙によると、男は1月中旬にブラウナウに移ってきた。特徴的な口ひげや髪形、服装などでヒトラーそっくりに装い、「ハラルト・ヒトラー」と名乗って、地元のバーなどに出没。目撃者から警察への通報が相次いでいた。

 ヒトラーをめぐっては昨年、ネオナチの聖地になることを危惧したオーストリア政府が、生家の建物を強制収用する法案を可決した。今年1月、元家主の女性が「強制収用は違憲」として憲法裁判所に提訴している。

2017年02月14日 10時16分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

ヒトラーそっくりさん逮捕=オーストリアの生家近く

 ロイター通信によると、オーストリア警察は13日、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの格好をして公衆の前に現れた25歳の男をヒトラー出生地である北部ブラウナウで逮捕した。

  オーバーエスタライヒッシェ・ナハリヒテン紙が伝えたところでは、男はヒトラーの生家近くなどで目撃された。ひげや髪形をヒトラーに似せ、ヒトラーを想起させる服を着用。現地の飲食店で「ハーラルト・ヒトラー」と名乗っていたという。

 1938年にナチスが併合したオーストリアでは、ナチスヒトラーを賛美するのは犯罪。警察は「冗談や芸術でないのは明らかで、本人も自分が何をしたのか正確に認識している」と説明している。 

時事通信     2/14(火) 6:59