読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

内田光子さんにグラミー賞 坂本龍一さんは逃す

文化

f:id:obaco:20170213101238j:image

ピアニストの内田光子さん=2004年3月、東京都港区、中田徹撮影

 米音楽界の祭典、第59回グラミー賞の授賞式が12日(日本時間13日)、米ロサンゼルスで行われ、日本からは、「最優秀クラシック・ボーカル・アルバム(ソロ)」部門で候補になっていたピアニストの内田光子さんが受賞した。

 受賞作品は、ソプラノ歌手のドロテア・レシュマンさんと発表した歌曲アルバム「シューマン:リーダークライス、女の愛と生涯/ベルク:初期の7つの歌」。内田さんは2011年にも、最優秀器楽ソリスト演奏の部門でグラミー賞を受賞している。

 一方、「ベスト・スコア・サウンドトラック・フォー・ビジュアル・メディア」部門で候補に選ばれていた坂本龍一さんは、受賞を逃した。坂本さんは映画「レヴェナント 蘇(よみが)えりし者」の音楽を担当していた。また、最優秀リミックス・レコーディング部門で候補だった日本人プロデューサーのstarRoさんも受賞を逃した。

 前回のグラミー賞では、小澤征爾さんが指揮したラベル作曲の歌劇「こどもと魔法」を収めたアルバムが、最優秀オペラ録音賞を受賞している。(ロサンゼルス=平山亜理)

2017年2月13日09時26分    朝日新聞デジタル