今日のニュース

気になったニュース

官房長官「日米会談直後の挑発」 北朝鮮ミサイル

f:id:obaco:20170212121433j:image

北朝鮮のミサイル発射を受け、記者会見する菅官房長官(12日午前、首相官邸

 政府は12日午前、北朝鮮が同日午前7時55分ごろに同国西岸より弾道ミサイルを東方向に発射したと発表した。ミサイルは約500キロメートル飛行し、日本海に落下したもようだ。日本の排他的経済水域EEZ)内ではないと推定され、現時点では航空機や船舶への被害は確認されていないという。政府は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に対して厳重に抗議した。
 菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で「極めて問題がある行為であるとともに国連安全保障理事会などへの明白な違反だ」と批判した。「航空機や船舶の安全確保の観点から極めて問題があり、断じて容認できない」と訴えた。「日米首脳会談がおこなわれた直後に発射したことに鑑みても、わが国や地域に対する明らかな挑発行為だ」と非難した。

 政府は首相官邸で関係閣僚による国家安全保障会議(NSC)を開催し、情報分析を進めた。訪米中の安倍晋三首相は(1)情報収集、分析に全力を挙げ国民に迅速、的確に情報を提供(2)航空機、船舶などの安全確認を徹底(3)不測の事態に備えて万全の態勢を取る――の3点を関係省庁に指示した。

 岸田文雄外相は記者団に「大使館ルートを通じて北朝鮮に対して厳重に抗議し、強く非難した」と語った。日米や日米韓3カ国の情報共有を含む安全保障協力を強化するとともに、国連安保理で強いメッセージを発するように働きかけるよう指示した、と訴えた。稲田朋美防衛相は防衛省自衛隊に「引き続き情報収集・警戒監視に万全を期すように」と指示した。

 政府は北朝鮮の度重なるミサイル発射を受け、昨年8月から自衛隊に迎撃態勢をとるよう破壊措置命令を常時出した状態にしている。首都圏などでは、地上から迎え撃つ地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)を配備。海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載したイージス艦も日本周辺の海域で展開している。

2017/2/12 11:15    日経新聞