今日のニュース

気になったニュース

12日も日本海側中心に大雪のおそれ…気象庁

 気象庁の12日午前4時30分の発表によると、西日本や東日本の日本海側を中心に降雪が続き、大雪となっているところがある。

 同庁では、同日昼前にかけて大雪や路面凍結による交通障害や、なだれ、落雪などへの警戒・注意を呼び掛けている。

 本州付近の上空約5500メートルには氷点下36度以下の寒気が流れ込み、日本付近は強い冬型の気圧配置になっているという。冬型の気圧配置は西から次第に弱まりながら14日にかけて続く見込み。

 13日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで、東北、北陸、関東甲信、近畿、中国地方で40センチ、東海地方で30センチ、四国地方で10センチ。

2017年02月12日 05時57分    Copyright © The Yomiuri Shimbun