読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

中国からの資本流出が加速、人民元の管理困難に

国際 経済

f:id:obaco:20170208094343j:image

外貨準備高が3兆ドルを割り込んだことを発表した中国人民銀行人民元を買い支えることが難しくなるとの見方が出ている

 【北京=鎌田秀男】中国の外貨準備高が約6年ぶりに節目の3兆ドル(約336兆円)を割った。

 中国人民銀行中央銀行)は人民元の下落を食い止めようと必死だが、中国経済の成長鈍化に加え、中国への不満を隠さないトランプ政権の発足もリスクとなり、資本流出が加速している。人民元相場の管理はますます難しくなっている。

 ◆介入継続

 中国の外貨準備が減少を続けているのは、人民銀がドルを売って元を買う為替介入を重ねてきたからだ。人民元安が進むと、輸入品価格の上昇でインフレが起きやすくなり、インフレを抑えるために金利を上げると、借金のある企業や個人にとって打撃となる。

 「外貨準備の減少を防ぐため、人民銀は介入をやめるべきだ」と指摘する識者もいるが、人民銀の易綱イーガン副総裁は「マイナスよりもプラスが大きい。外貨準備は使うためにある」と意に介さず、今後も介入を続ける方針だ。
2017年02月08日 08時08分    Copyright © The Yomiuri Shimbun