今日のニュース

気になったニュース

佐賀で鳥インフル、6万9000羽の殺処分開始

f:id:obaco:20170205003814j:image

防疫措置に向けた準備をする県職員ら(4日午後9時41分、佐賀県江北町で)

 佐賀県は4日、同県江北町の養鶏場で複数の鶏が死んでいるのが見つかり、遺伝子検査の結果、毒性が強い高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5亜型」を検出したと発表した。

 県は家畜伝染病予防法に基づき、発生養鶏場と、同じ農家が管理する北西に約900メートル離れた関連養鶏場の計約6万9000羽の殺処分を始めた。

 ウイルス検出を受け、県は、二つの養鶏場からそれぞれ半径3キロ圏内(4戸、約5万8000羽)を鶏や卵の移動制限区域、半径3~10キロ圏内(12戸、約9万8000羽)を域外への持ち出しを禁じる搬出制限区域に設定した。

 また、殺処分などの防疫措置に当たるため、県職員や自衛隊員ら約300人を現地へ派遣した。
2017年02月05日 00時07分    Copyright © The Yomiuri Shimbun