読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

稚魚が貝に擬態、子を守る親の育児負担軽く?

f:id:obaco:20170129093744j:image

巻き貝そっくりに擬態する稚魚(幸田教授提供)

 アフリカの古代湖に生息する魚の稚魚は、体を貝に似せて敵の目をくらまし、子を守る親の負担を軽くしていると、大阪市立大のチームが発表した。

 チームは「生物の擬態は自分の身を守るためと考えられているが、親のために擬態するのが確認された例は初めて」と話している。

 この魚は、タンザニアタンガニーカ湖にだけ生息するカワスズメ科の淡水魚「フルシファー」。稚魚は、体に巻き貝そっくりのしま模様ができる。親は直径1メートルほどの巣の上に巻き貝を増やし、稚魚を紛れさせる。

 研究チームは、巣から巻き貝を取り除く実験を行った。巻き貝がないと稚魚が目立ち、他の魚からの攻撃が倍増。しかし、親が懸命に敵を追い払い、稚魚の生存率は変わらなかった。
2017年01月29日 08時38分    Copyright © The Yomiuri Shimbun