今日のニュース

気になったニュース

対馬の火災、放火容疑で男を逮捕 焼け跡から父娘の遺体

f:id:obaco:20170127122954j:image

全焼した古川敬氏さん宅=昨年12月9日、長崎県対馬市豊玉町曽

 昨年12月に長崎県対馬市の住宅が全焼し、焼け跡から父娘2人の遺体が見つかった事件で、長崎県警は27日、現住建造物等放火の疑いで、対馬市美津島町鴨居瀬(みつしままちかもいせ)、自営業須川泰伸(ひろのぶ)容疑者(38)を逮捕し、発表した。

 発表によると、須川容疑者は昨年12月7日午前7時半ごろ、対馬市豊玉町曽(とよたままちそ)の漁業古川敬氏(けいし)さん(65)宅に放火し、木造2階建ての住宅約290平方メートルを全焼させた疑いがある。

 焼け跡から敬氏さんと、次女で医療機関職員の聖子さん(32)が遺体で見つかり、その後の司法解剖で2人の頭部に骨折を伴う複数の外傷があることが判明。県警は対馬南署に捜査本部を設置し、放火と殺人の疑いで約100人態勢で捜査を続けていた。

 現場は対馬市中部の漁村で、入り江に面して住宅などが立ち並ぶ地域。住宅は敬氏さんの妻を含めた3人暮らしだったが、妻は当時、県外で入院していた。(田部愛、真野啓太)

2017年1月27日10時43分    朝日新聞デジタル