今日のニュース

気になったニュース

対馬で盗難の仏像、韓国の寺に所有権=裁判所が引き渡し命令

f:id:obaco:20170126121413j:image

長崎県対馬市の寺から盗まれ、韓国に運ばれた「観世音菩薩坐像」(韓国大田地方警察庁提供)

 【大田(韓国中部)時事】長崎県対馬市の観音寺から2012年に盗まれ、韓国に運び込まれた県指定文化財の仏像「観世音菩薩坐像」について、「かつて所蔵していたが略奪された」と主張する韓国の寺が韓国政府を相手取り、仏像を引き渡すよう求めた訴訟で、大田地方裁判所は26日、韓国の寺の所有権を認め、仏像を引き渡すよう命じる判決を下した。

 日本政府は日本への返還を求めてきたが、一層遠のく見通しだ。

 提訴していたのは、中部・瑞山にある浮石寺。14世紀に朝鮮半島などに出没していた海賊、倭寇によって略奪された可能性が高いと主張。窃盗団から没収され、大田の国立文化財研究所に保管されている仏像の引き渡しを求めていた。

 大田地裁は判決で「仏像は贈与や売買など正常な方法ではなく、盗難や略奪で(対馬市の観音寺に)運ばれたとみるのが妥当だ」とし、「仏像は浮石寺の所有と十分に推定できる」と判断。「(政府は)浮石寺に引き渡す義務がある」と指摘した。

 大田地裁は13年、観音寺が仏像を正当に取得したことが証明されるまで、日本側への返還を差し止める仮処分を出していたが、効力は切れていた。 

時事通信    1/26(木) 10:39

 

 

 

対馬で盗まれた仏像「韓国の寺に所有権」 韓国で判決

f:id:obaco:20170126121737j:image

仏像の引き渡しを命じる判決を受けて、記者団に感想を語る韓国・浮石寺の円牛住職=26日午前10時9分、大田地裁、東岡徹撮影

 長崎県対馬市の観音寺から韓国人窃盗団に盗まれた仏像について、韓国の大田(テジョン)地裁は26日、仏像を保管している韓国政府に対し、韓国の浮石(プソク)寺に引き渡しを命じる判決を出した。仏像について浮石寺は14世紀に日本の海賊「倭寇(わこう)」に略奪されたとし、引き渡しを求めて提訴していた。

 問題の仏像は、長崎県指定有形文化財観世音菩薩坐像(ぼさつざぞう)」。2012年に盗まれ、13年に韓国で窃盗団が検挙された。仏像はその際、韓国政府に押収され、観音寺や日本政府は返還を要求。日韓の外交問題になっていた。浮石寺への引き渡しが命じられたことで日韓関係がさらに悪化するのは避けられなくなった。

 訴訟では倭寇によって略奪されたかどうかが争われ、仏像の検証や専門家の証人尋問などが行われた。判決は仏像について「浮石寺の所有と十分に推定できる」と認めた。「正常でない過程」で対馬市の観音寺に移され、韓国政府は浮石寺に仏像を引き渡す義務があるとした。

 一方、韓国政府も提訴される前の14年に専門家らを交えて仏像が日本に渡った経緯を調べたが、「倭寇による略奪の可能性は高い」としたものの、断定はしなかった。(大田=東岡徹)

2017年1月26日11時29分    朝日新聞デジタル

 

 

 

盗難仏像、韓国の寺への引き渡し命令…韓国地裁

 【大田(韓国中部)=井上宗典】長崎県対馬市の観音寺から盗まれた仏像について、所有権を主張する韓国中部・瑞山ソサン市の浮石プソク寺が、韓国政府に引き渡しを求めた訴訟の判決が26日、韓国の大田テジョン地裁であった。

 同地裁は「仏像が浮石寺の所有物と十分に推定できる」とし、韓国政府に引き渡しを命じた。判決確定前でも引き渡しを強制できる仮執行も認めた。

 争われている仏像は2012年10月に盗まれ、13年1月に韓国で見つかった長崎県指定有形文化財観世音菩薩坐像かんぜおんぼさつざぞう」。現在、大田の国立文化財研究所が保管している。

 日本政府は仏像の早期返還を韓国政府に求めてきたが、浮石寺に仏像が渡れば、返還が困難になるのは必至だ。
2017年01月26日 11時36分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

 

仏像「倭寇が略奪」認定 「韓国の寺に所有権」 韓国の地裁

f:id:obaco:20170127112301j:image

韓国文化財庁が保管している「観世音菩薩坐像」=同庁提供

 長崎県対馬市の観音寺から韓国人窃盗団に盗まれた仏像について、韓国の大田(テジョン)地裁は26日、仏像を保管する韓国政府に対し、韓国中西部・忠清南道(チュンチョンナムド)にある浮石(プソク)寺に引き渡しを命じる判決を出した。14世紀に日本の海賊「倭寇(わこう)」に略奪されたとする浮石寺の主張を認めたログイン前の続き形で、日韓関係はさらに悪化しそうだ。

 問題の仏像は、長崎県指定有形文化財観世音菩薩坐像(ぼさつざぞう)」。対馬市の観音寺から2012年に盗まれ、13年に韓国で窃盗団が検挙された。観音寺や日本政府は返還を要求していた。

 訴訟では倭寇によって略奪されたかどうかが争われた。判決は、仏像の中から見つかった「結縁文」から1330年ごろに浮石寺に奉納するためにつくられたとみられると判断した。1352~1381年まで5回にわたり、浮石寺がある地域を倭寇が襲った記録があり、仏像自体にも焼け跡などが残っていると指摘。これらを踏まえ、「浮石寺の所有であることは十分に推定できる」とし、贈与や売買など正常な方法ではなく、「盗難や略奪によって観音寺に渡ったとみるのが相当だ」と結論づけた。

 韓国政府側は、昨年7月の口頭弁論準備手続きで浮石寺の主張について「具体的に立証できていない」と指摘していた。今回の判決を受けて即日控訴した。

 韓国政府は提訴される前の14年に専門家らを交えて仏像が日本に渡った経緯を調べた結果、「倭寇による略奪の可能性は高い」としたものの、断定はしていなかった。

 (大田=東岡徹)

 ■対馬の前住職「ありえない」

f:id:obaco:20170127112510j:image

 仏像を盗まれた観音寺(長崎県対馬市)の前住職、田中節孝(せっこう)さん(70)は「盗品に対して(元の所有者以外の)所有権を認めるなど、ありえない判決だ」と批判した。

 韓国政府が控訴したことで、裁判は控訴審に進む。田中さんは「盗品は元の所有者に戻すのが当然のこと。韓国政府がどう対応するか、国家の品格が問われる」と話した。

 ただ、韓国政府としては日本との歴史にまつわる問題は世論が敏感に反応するため、慎重にならざるを得ない。控訴審では浮石寺側の主張の問題点をどこまで追及するのかも焦点になる。

 菅義偉官房長官は26日の記者会見で判決について「極めて残念だ。速やかに仏像が日本に返還されるように、韓国政府側に適切な対応を求めたい」と語った。

 日韓関係は昨年末に釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する「少女像」が設置されたことをきっかけに悪化の一途をたどっている。

 外務省幹部は「一審判決であり、決定的なものではない」と考え、引き続き韓国政府側に粘り強く返還を求めていくとした。ただ、冷静な対話ができる環境が次々と壊れており、出口が見えているわけではない。 

(山野健太郎、武田肇、大田=東岡徹)

2017年1月27日05時00分    朝日新聞デジタル