読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

初V稀勢の里、横綱確実に 白鵬破り14勝

スポーツ

f:id:obaco:20170122210707j:image

稀勢の里(左)がすくい投げで白鵬を破る(22日、両国国技館)=共同
 大相撲の東大関稀勢の里(30)=本名萩原寛茨城県出身、田子ノ浦部屋=の横綱昇進が初場所千秋楽の22日、確実になった。日本出身力士として3代目若乃花以来19年ぶりの新横綱誕生となる。21日に初優勝を決めていた稀勢の里は千秋楽で横綱白鵬に勝って14勝1敗の好成績で終えた。

 日本相撲協会八角理事長(元横綱北勝海)は、昇進を審議する臨時理事会の開催を審判部から要請され、受諾した。23日に開かれる横綱審議委員会(横審)を経て、25日の春場所番付編成会議後の臨時理事会で、「第72代横綱稀勢の里」が正式に誕生する。

 番付編成を担う審判部の二所ノ関部長(元大関若嶋津)は「昨年は年間最多勝という実績があり、今場所も優勝を果たした。(審判部の)全員が賛成した」と述べた。〔共同〕

2017/1/22 18:36    日経新聞

 

稀勢の里横綱昇進確実に…日本出身19年ぶり

f:id:obaco:20170122214510j:image

初優勝に涙ぐむ稀勢の里関(22日午後5時40分、両国国技館で)=永井哲朗撮影

 大相撲初場所は22日、東京・両国国技館で千秋楽を迎え、前日に初優勝を決めていた大関稀勢の里(30)(本名・萩原寛ゆたか、茨城県牛久市出身、田子ノ浦部屋)が横綱白鵬を破って14勝1敗とし、場所後の横綱昇進を確実にした。

 日本出身の新横綱は、1998年夏場所後に昇進した3代目若乃花以来19年ぶり。日本出身の横綱は、2003年初場所中に貴乃花が引退し、14年間途絶えている。

 初の賜杯を手にした大関は、土俵下のインタビューで「(優勝まで)随分長くなりましたけど、色々な人の支えがあってここまで来られた」と感極まった。

f:id:obaco:20170122214552j:image

 日本相撲協会八角理事長(元横綱北勝海)は23日の横綱審議委員会稀勢の里横綱昇進を諮問する。横審は「2場所連続優勝またはそれに準ずる好成績」を横綱推薦の内規と定めている。稀勢の里は連続優勝を果たしていないが、横審委員の大多数は、昨年の年間最多勝を獲得するなど安定した成績を残している点を高く評価している。横審の推薦を受け、25日の春場所番付編成会議と理事会で正式決定し、「第72代横綱稀勢の里」が誕生する。

 2017年01月22日 19時59分    Copyright © The Yomiuri Shimbun