今日のニュース

気になったニュース

高浜原発で大型クレーン倒れる…屋根の一部変形

f:id:obaco:20170121122951j:image

高浜原発2号機の燃料取扱建屋に倒れた工事用のクレーン(21日午前、福井県高浜町で、読売ヘリから)=横山就平撮影

 関西電力は21日、福井県高浜町の高浜原子力発電所(運転停止中)で20日午後9時50分頃、大型クレーンが倒れて2号機の原子炉建屋に隣接する建物2棟にもたれかかり、屋根の一部が変形したと発表した。

 けが人はなかった。当時は暴風警報が出されており、強風が原因とみられる。

 関電によると、屋根が変形したのは、中央制御室のある原子炉補助建屋と、核燃料を収めるプールがある燃料取扱建屋。周辺の放射線量に異常はないという。

 2号機は1975年に運転開始。原則40年に定めた運転期間を例外的に最長20年間延ばせる新制度の導入後、昨年6月、同原発1号機とともに初めて運転延長が認められた。クレーンは1、2号機の運転延長に向けた補強工事に使用され、アームの長さが約110メートル。当時、作業は行われていなかった。

2017年01月21日 11時21分    Copyright © The Yomiuri Shimbun