読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

元少女、殺意を一部否認 責任能力争点 タリウム事件初公判

f:id:obaco:20170117103532j:image

審理される事件

 名古屋市内のアパートで2014年、女性を殺害したほか、12年には仙台市で同級生2人に劇物「硫酸タリウム」入りの飲料水を飲ませたなどとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた元少女(21)の裁判員裁判の初公判が16日、名古屋地裁(山田耕司裁判長)で始まった。

 元少女は罪状認否で、同級生2人に対するログイン前の続き殺意を否認した。弁護側は、元少女には発達障害精神障害があり「専門的治療が必要だ」として、家裁による検察官送致の決定は違法と主張し、公訴棄却を求めた。

 争点は、元少女責任能力の有無。元少女は女性の殺害行為を認める一方、弁護側は「犯行時、元少女精神障害を発症し、行動を制御する能力がなかった」と述べ、全ての事件について無罪を主張した。

 元少女は19歳の大学生だった14年12月7日、名古屋市内の自宅アパートで森外茂子(ともこ)さん(当時77)を殺害▽同月13日、仙台市内の住宅の郵便受けに火を放ち、住民女性らを殺そうとした▽高校2年生だった12年5~7月、同級生の少年と少女(いずれも当時16)の飲み物に硫酸タリウムを混ぜて殺害しようとした――などとして、殺人や殺人未遂の罪などで起訴された。

 検察側は冒頭陳述で、元少女は「人の死に強い興味を持っていた」と主張。中学3年の時に、神戸市の児童連続殺傷事件を知り、その後「猟奇事件を調べ、殺人に興味を持ち始めた」と指摘した。

 高校時代には、05年に起きた静岡県の女子高校生によるタリウム殺人未遂事件を知り、自分の事件でも同級生の中毒症状を「観察」したという。さらに、大学入学後には「『人を殺して死ぬまでを観察したい』と思うようになった」と述べた。

 弁護側は「善悪の判断ができず犯罪を抑制する能力も失っていた」と訴えた。

 審理は計20回で、判決は3月24日を予定している。

 ■供述では死への執着

 殺害の動機について「死んでいく様子が見たかった」、劇物の硫酸タリウムを飲ませた理由を「症状を観察したかった」。捜査段階で、そう供述したとされる元少女(21)。罪状認否で「死亡するかもしれないと考えたことはありません」と、はっきりとした口調で同級生2人への殺意を否認した。

 地裁前には傍聴券を求めて366人が並んだ。被告を隠すついたてはなく、傍聴人は元少女の言動や挙動に見入った。午前10時すぎ。髪を後ろで束ねた元少女はマスク姿で入廷し、主任弁護人の後ろに座った。

 元少女は起訴前に成人した。ただし、裁判官は初公判を前に、名前を公表しないことを決め、報道機関に対しては、法廷画の掲載で顔が分からないようにするなどの配慮を求めた。関係者は「少年法を考慮した上での訴訟指揮」と説明する。少年法は、被告の少年の名前や住所、顔立ちなどがわかる記事や写真の掲載を禁じている。

 裁判の争点は元少女責任能力の有無だ。「人を殺してみたかった」「焼死体を見たかった」。逮捕後、「死」への執着をのぞかせたとされる元少女。専門家の精神鑑定結果も分かれており、約2カ月に及ぶ審理で、裁判員は難しい判断が迫られる。

 ■「ただ一緒にいる日常がいとおしく…」妻を殺害された男性

 事件から2年1カ月。森外茂子(ともこ)さんの夫(83)は初公判の16日午後から裁判を傍聴する予定だ。

 毎朝、小さな仏壇の遺影に向かって手を合わせる。ベッドの枕も衣類も処分していない。「当時のままだよ。妻がいなくなってから、何も触っていない」

 2014年12月7日は日曜日だった。夕方、ゴルフから名古屋市内の自宅に帰ると妻はいなかった。「電話もなく家を出たことは一度もなかった」。夜になって警察に通報した。それから連日、警察署に足を運んだが、進展はなかった。100万円を出して探偵に調査を依頼した。

 あの日曜日。妻は知人だった元少女と会い、午後に2人の足どりが途絶えたことが分かった。探偵の調査報告書を県警に持参し、捜査は動いた。翌年1月27日、県警は元少女宅で森さんの遺体を発見し、元少女を殺人容疑で逮捕した。

 遺体安置所で妻と対面した。涙は出なかった。警察への不信と悔しさ。妻が見つかった安堵(あんど)……。様々な感情が入り交じった。「行ってきます」「行ってらっしゃい」。日曜朝の何げないやりとりが、夫婦の最後の会話となった。

 妻を失うと、日常に彩りが消えた。食卓には自ら炊いたご飯と、出来合いの総菜が並ぶ。体重は約15キロ減った。「ただ一緒にいる日常がいとおしく、いかにありがたいか。今になって分かった」。そう語り、涙ぐんだ。(斉藤佑介)

2017年1月16日16時30分    朝日新聞デジタル