読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

厳しい寒波続く 各地で今季最低気温に

f:id:obaco:20170115121331j:image

雪が降りしきるJR京都駅前を歩く人たち(15日午前)=共同

 数年に1度の強い寒気が流れ込んだ日本列島は15日、全国的に厳しい冷え込みとなり、各地で今季最低気温を観測した。北日本から西日本の日本海側を中心に大雪が続き、16日にかけても大雪が降るとして、気象庁は交通障害や除雪中の事故に注意を呼び掛けた。
 気象庁によると、北日本から東日本の上空約5千メートルに氷点下39度以下の寒気が流れ込んでおり、日本列島付近は強い冬型の気圧配置となっている。16日にかけて非常に強い風が吹き、ふぶく所がある。

 雪の影響で、東海道新幹線で遅れが出たほか、日航全日空など空の便で欠航が相次いだ。

 各地で14日より気温が下がった。岩手県奥州市では氷点下16.5度の観測史上1位タイの最低気温を記録。東京都心は氷点下2.3度、名古屋市は同3.6度、大阪市は同0.6度だった。

 15日午前までの積雪は、青森市の酸ケ湯で256センチ、山形県大蔵村で241センチ、新潟県津南町で175センチ。名古屋市広島市でも積雪した。

 16日午前6時までの24時間に予想される降雪量は多い所で、北陸や関東甲信で80センチ、東北で70センチ、北海道と東海で60センチ、中国で50センチ、近畿で40センチとなっている。〔共同〕

2017/1/15 11:32    日経新聞