読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

世界遺産・平城宮跡を横断する近鉄、移転へ始動

社会 文化

f:id:obaco:20170110180452j:image

 奈良県は、世界遺産平城宮跡奈良市)を横断する近鉄奈良線の宮跡外への移設に向け、本格的な検討を始めた。

 宮跡を歴史的遺産として保護し、景観を改善すると同時に、線路を地下か高架にして、周辺道路の渋滞解消と沿線の再開発を同時に進める狙い。今後、国や奈良市近鉄に働きかけ、早期実現を目指す。

 近鉄奈良線は1914年敷設。当時の宮跡は一面の田畑だったが、調査や研究が進み、22年に国の史跡、52年に特別史跡に指定。98年には世界遺産に登録された。同年に朱雀門、2010年には大極殿が復元された。

 宮跡の整備が進むにつれて、景観上の問題が指摘されるようになり、国土交通省は08年、線路の将来的な移設を前提に、宮跡を国営公園とする整備基本計画を発表していた。
2017年01月10日 17時33分    Copyright © The Yomiuri Shimbun