今日のニュース

気になったニュース

留学生「死亡した可能性高い」…チリ人国際手配

f:id:obaco:20170105094227j:image

黒崎さんが住んでいた寮の部屋(右端)。ドアには警察の貼り紙があった(4日、仏東部ブザンソンで)=三好益史撮影

 【ブザンソン(仏東部)=三好益史、サンティアゴ=田口直樹】フランス東部ブザンソンの大学に留学中の筑波大3年、黒崎愛海なるみさん(21)が行方不明になっている事件で、仏検察は3日、黒崎さんの元交際相手のチリ人の男を殺人容疑で国際手配していることを明らかにした。

 男はチリに帰国しており、仏捜査当局はチリ警察と連携して男の行方を追っている。

 「遺体は見つかっていないが、(黒崎さんが)死亡した可能性は極めて高い」。仏検察のルーモリゾー検事は3日の記者会見でそう述べた。男の名前や年齢は公表しなかったが、地元メディアなどによると、20歳代半ばで、筑波大にも留学経験があるとされる。

 仏検察や地元メディアによると、黒崎さんと男は昨年12月4日夜、男が借りたレンタカーでブザンソンから約25キロ離れたオルナンの有名レストランに行き、食事をした。
2017年01月05日 00時55分    Copyright © The Yomiuri Shimbun