読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

イノシシが自転車に体当たり、4人けが…高崎

f:id:obaco:20161217105107j:image

群馬県高崎市の住宅街に出没したイノシシ(16日)=高崎署提供

 16日朝、群馬県高崎市貝沢町と周辺の住宅街に野生のイノシシ1頭が出没した。

 道路を走り回って、通学中の高校生らの自転車に体当たりし、計4人に軽傷を負わせた。市民から「イノシシを見た」「自転車を倒された」などの通報が相次ぎ、同市と高崎署は周囲の学校などに注意を呼びかけた。イノシシは午前9時半頃に捕獲され、殺処分された。

 同署によると、イノシシが現れたのは午前7時過ぎとみられる。午前7時45分頃、同市貝沢町の路上で20歳代の男性が自転車に体当たりされ転倒し、足に擦り傷を負った。同55分頃には近くで女子高校生2人、午前8時頃にも女子高校生1人が自転車を倒され、いずれも軽いけがを負った。

 同市は午前8時頃、周辺の小中高校や幼稚園などに「イノシシが出没している。注意してほしい」と電話で連絡した。県警も午前9時頃、「上州くん安全・安心メール」で出没情報を流し、「刺激すると人に向かってくる性質がある。近づかずに通報して」と呼びかけた。

 捜索にあたっていた署員や市職員、猟友会員が午前9時半頃、アパートの駐車場近くでイノシシに網をかぶせて捕獲した。市農林課によると、体長約1メートル30の大人のイノシシだった。

 在校生がけがを負った高崎商業高校高崎市東貝沢町)によると、けがをした女子生徒は「狭い路地から急にイノシシが出てきて、体がすくんで動けなかった」と話したという。同校は「こんな住宅地にまでイノシシが出るなんて。生徒に注意を促したい」としている。

 高崎市内では10月29日朝、JR高崎駅西口付近にイノシシが出没し、駐車場ビルから落ちて死んだ事案があった。

 市内で鳥獣被害対策のコンサルティング会社「群馬野生動物事務所」を営む春山明子さん(39)は「イノシシは上流の山間部から河川敷のやぶ伝いに移動する習性がある。10月と今回の出没は、近くの河川敷から街中に入り込んだのではないか」と指摘する。市農林課は「イノシシを興奮させないよう、見かけたら速やかに立ち去って通報してほしい」と呼びかけている。

2016年12月17日 10時20分    Copyright © The Yomiuri Shimbun