読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

「退位の制度化、難しい」有識者会議で認識一致

社会 皇室

f:id:obaco:20161214144527j:image

天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」を終え、記者会見する御厨貴・座長代理(14日午後0時18分、首相官邸で)=上甲鉄撮影
 政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長=今井敬・経団連名誉会長)は14日午前、首相官邸で第7回会合を開いた。

 終了後に記者会見した御厨貴・座長代理(東大名誉教授)は、退位を制度化することは難しいとの認識でおおむね一致したことを明らかにした。来年1月にもまとめる論点整理で、現在の天皇陛下に限り退位を認める方向性を示すことを大筋で確認したものだ。

 御厨氏によると、この日の会合では、退位について「時代により国民の意識や社会情勢は変わる。将来にわたって判断できるような要件を設けることには無理がある」「将来にわたる制度化をした場合、硬直的なものとなり、恣意しい的な退位や、退位の強制が可能となり、象徴天皇と政治のあり方をかえって動揺させることもあり得る」などの意見が出た。
2016年12月14日 13時26分    Copyright © The Yomiuri Shimbun