今日のニュース

気になったニュース

小池知事、五輪会場見直し「黒い頭の鼠が分かった」

f:id:obaco:20161202193622j:image

小池知事は統合型リゾートに慎重姿勢を示した(2日、都庁)=共同

 東京都の小池百合子知事は2日の記者会見で、同日の衆院内閣委員会で推進法案が可決したカジノを中心とした統合型リゾート(IR)について「観光振興にはプラスだが、(ギャンブル依存症対策など)社会的な懸念も議論されている」と述べた。「どうすれば一番良い形でできるか検討したい」とも語り、東京へのIR誘致は慎重に検討する姿勢を示した。主なやり取りは次の通り。

 ――IR推進法案が衆院内閣委で可決された。

 「(IRに関する)議論の中身を注視し、都としてどうあるべきか検討したい。どうすれば一番良い形でできるかを検討したい」

 ――IRは推進の立場か。

 「観光振興という点ではプラスと思う。一方、社会的な懸念が議論されている。そこを総合的にみていく」

 ――2020年東京五輪パラリンピックのボート・カヌー(スプリント)会場に「海の森水上競技場」が決まった。長沼ボート場(宮城県登米市)を見送った理由を現地で説明するか。

 「長沼については先方(国際オリンピック委員会=IOC)からプレキャンプを開催することで話があった。残念ながら本戦は行われないが、前もって練習できるということでは価値がある。これからも長沼での活動は念頭に置きたい」

 ――バレーボール会場として現行計画の「有明アリーナ」と並んで検討している「横浜アリーナ」に関連し、横浜市が競技団体の意向を重視することを求める要望書を都に提出している。

 「要望書は(11月)25日時点で都に届いていたが、目にしたのは昨日(1日)だ。情報を上げるよう(担当)局に通達した。都と横浜市でお互いの窓口を定め、情報交換や課題の整理を進める。一方、有明アリーナは民間活用などを検討する。IOCの皆さんは24日の1週間か10日くらい前から休暇に入る。できるだけ早いうちに答えを出す」

 ――バレー会場が有明アリーナに決まると、都政改革本部の五輪調査チームが見直しを打ち出した3会場が全て計画通りに建設される。『大山鳴動して鼠(ねずみ)一匹』ではないか。

 「それは失礼ではないか。全く当たらない。五輪がいかに持続可能であるべきかを追求した。経費をさらに削っている。このままではどんどん(経費が)膨らんでいたと思う。誰が歯止めをかけるのか。結局は都民に負担がかかる。責任ある者はそこをやらなければいけなかった。大きな黒い頭の鼠がいることが分かったのではないか」

 ――昨日開会した都議会の所信表明演説で、無電柱化の推進に向けた条例の制定を目指す意向を表明した。

 「現時点では無電柱化はコストが高い。条例をつくることでイノベーション(技術革新)が起こればコストが下がる。これまでの無電柱化計画を加速度的に進める条例にしたい。都としてできることを進めることで、日本全国に良い波を届けることができると思う」

2016/12/2 17:24    日経新聞

 

 

 

小池都知事「ちょっと失礼なんじゃ?」 記者質問に反論

f:id:obaco:20161202194254p:image

 2020年東京五輪の会場見直しをめぐり、東京都の小池百合子知事が2日の定例記者会見で、「ちょっと失礼なんじゃないですか」と色をなして記者に反論する一幕があった。

 記者は、結論が先送りされたバレー会場の横浜アリーナ活用案が「難しい状況」と指摘。ボート・カヌーと水泳の場所が従来計画と変わらず、バレーも計画通りの有明アリーナで行うとなれば、「大山鳴動してネズミ一匹(大騒ぎした割に実際には結果が小さいこと)」ではないかと質問した。

 小池氏が質問を遮る形で「ちょっと失礼なんじゃないですか」と反論したが、記者は「知事としても挫折という状況にあるのでは」とたたみかけた。これに対し、「それはまったくあたりません」と小池氏。会場見直しで都の会場整備費を削減につなげた「成果」を強調したうえで、豊洲市場の問題などを挙げ、「『大きな黒い頭のネズミ』がいっぱいいるということがわかったじゃないですか。これから頭の黒いネズミをどんどん探してきたい」と述べた。

2016年12月2日18時18分    朝日新聞デジタル