読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

刃物で切られ男児重傷、警官が4発発砲し男逮捕

社会 事件

f:id:obaco:20161130083935j:image

警察官が刃物を持った男に発砲した現場付近を調べる捜査員ら(29日午後、京都市北区で)=吉野拓也撮影

 29日午後7時過ぎ、京都市北区衣笠東開キ町付近の住宅街で、近隣住民らから「路上で刃物を持った男が暴れている」「男の子が襲われている」と110番があった。

 駆けつけた京都府警北署員に対し、男がナイフを持ったまま立ち向かってきたため、署員は拳銃を1発威嚇発砲した後、男の両脚に4発発砲し、銃刀法違反と公務執行妨害の両容疑で現行犯逮捕した。

 近くに住む男児(5)が頭や腹を2か所以上切られて重傷を負っており、一緒にいた母親(40)とともに病院に搬送されたが、命に別条はないという。同署によると、母親にけがはなく、「男とは面識がない」と話しているという。

 同署の発表では、男は近くに住む無職(27)。男も両太ももを負傷しており搬送された。

 男の母親は同署に対し、男は精神疾患で通院歴があると話しているという。同署は今後、殺人未遂か傷害などの容疑でも調べる方針。

 署員の発砲について、横田政幸副署長は「現時点では適正な拳銃の使用だったと考えている」と話した。

2016年11月30日 07時55分    Copyright © The Yomiuri Shimbun