今日のニュース

気になったニュース

五輪ボート・水泳会場は決着 バレーは先送り

 2020年東京五輪パラリンピックの競技会場の見直し案を議論している国際オリンピック委員会(IOC)、東京都、組織委、政府の4者トップ級による協議で、ボート・カヌー(スプリント)会場について現行計画通り「海の森水上競技場」(東京臨海部)を新設することで合意した。

 東京都の小池百合子知事は当初、「長沼ボート場」(宮城県登米市)への変更に意欲を示していたが、事前キャンプとして活用することでIOCとの間で合意した。

 また水泳会場については、現行計画の「五輪水泳センター」(江東区)に新設するが、座席数を当初から5千席減らし、1万5千席に抑え、大会後に規模を縮小する工事を行わないことを合意。整備費は513億円で、当初計画から170億円減少となった。

 バレーボール会場については結論を12月後半に先送り。開催費用については「現時点で2兆円を切る」(組織委)としたものの、全体像は公表を見送った。

2016/11/29 15:54    日経新聞

 

「ボート・カヌーは海の森」 小池知事、4者協議で

 2020年東京五輪パラリンピックをめぐる国際オリンピック委員会(IOC)、組織委員会、都、政府による4者協議で、小池百合子知事は「都の考えとしてボート・カヌーは海の森水上競技場で行う」と発言した。

2016年11月29日14時42分    朝日新聞デジタル