読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

なぜ引きこもり?不安になる脳の作用を確認

科学 医療・健康

 社会から隔離された生活を続けると、脳内でたんぱく質が作用し、意欲をつかさどる「側坐核そくざかく」と呼ばれる器官の働きが鈍って不安感が高まることを、京都大の成宮周特任教授(神経科学)らのグループがマウス実験で確認した。

 人間の「引きこもり」の改善につながる手がかりになるという。論文が、米科学誌「セル・リポーツ」電子版に掲載された。

 グループは、マウス1匹を隔離し、檻おりの中で6週間飼育。その後、50センチの高さにある通路に放したところ、集団で育ったマウスに比べ、転落の恐れのない安全な場所にとどまる時間が長く、危険な場所を歩く時間は55%少なかった。不安感が強くなっているためだという。
2016年11月27日 17時30分    Copyright © The Yomiuri Shimbun