今日のニュース

気になったニュース

パナマ文書にいがらしゆみこさんの名前 別人の筆跡か

f:id:obaco:20161127124826j:image

パナマ文書の中にあった英領バージン諸島の法人の登記関係資料。いがらしゆみこさんの本名が漢字で記されているが、本人の筆跡ではないという

 人気漫画「キャンディ・キャンディ」で知られる漫画家のいがらしゆみこさんの名前が、カリブ海タックスヘイブン租税回避地)にある会社の役員として「パナマ文書」に載っていることがわかった。事務所によると、いがらしさんは「まったく身に覚えがない」と話しているという。
 南ドイツ新聞と国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が入手したパナマ文書によると、いがらしさんの名前があったのは、英領バージン諸島の会社の登記関連資料。1998年12月から2002年3月まで、役員を務めたことになっていた。住所がいがらしさんと一致し、後任の役員に娘の名があった。

 事務所によると、いがらしさんは「びっくり。なんじゃらほいっていう感じ」と困惑。資料には、いがらしさんと娘の署名が同じ筆跡による漢字で記されていたが、いがらしさん母娘のものとは別の筆跡だという。事務所は「第三者が勝手に名前を使ったのではないか」としている。

 パナマ文書にはほかにも著名人が関わる会社があった。音楽プロデューサーの小室哲哉さんはかつて会長を務めた会社が同諸島に子会社を持っていた。事務所によると、小室さんは「会社があったことは覚えているが、中身には関与していない。詳細についてはわかりかねる」と話している。

 元レバノン大使でイラク戦争に抗議して外務省を辞めた外交評論家の天木直人さんは、退職後の05年に同諸島の会社役員に就任したとの記載があった。中国で携帯電話にゲームなどを配信する事業に関わる会社で、事業家と連絡がとれなくなり、1千万円の損が出たという。天木さんは「利益が出れば日本で納税するつもりだった。税逃れの意図はまったくない」と話している。(編集委員・奥山俊宏)

2016年11月27日05時08分    朝日新聞デジタル

 

 

パナマ文書」とは

 タックスヘイブン租税回避地)の会社の設立などを手がける中米パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した内部文書。1977年から2015年にかけて作られた1150万点の電子メールや文書類。 21万余の法人の情報の中には、10カ国の現旧指導者12人、現旧指導者の親族ら61人の関係する会社も含まれている。芸能人やスポーツ選手といった著名人の関係する会社もある。国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が入手し、朝日新聞を始めとする各国の提携報道機関が報道した。