今日のニュース

気になったニュース

東京都心で初雪、11月では54年ぶり

f:id:obaco:20161124122456j:image

木々が色づく中、54年ぶりに都心で観測された11月の初雪(24日午前9時5分、東京都千代田区で)=青山謙太郎撮影

 気象庁は24日午前、関東各地で初雪を観測したと発表した。

 日本列島上空を真冬並みの寒気が南下した影響で、東京都心や横浜、甲府両市では、11月としては1962年以来54年ぶりの降雪となり、転倒によるけが人や一部で鉄道ダイヤの乱れがあった。

 前線を伴った低気圧が南の海上を通過していることに加え、関東の上空を真冬並みの寒気が南下し、雨が雪に変わった。東京都千代田区の気象庁で午前6時15分頃、初雪を観測した。気温も急激に下がり、最低気温は東京都心で午前9時過ぎに0・9度となるなど、各地で今季最低を記録した。

 都心で積雪が観測されれば、気象観測を始めた1875年以来、初めてとなる。雪は24日昼過ぎまで降る可能性があり、予想される最大降雪量は、関東北部山沿いと甲信で15センチ、神奈川・箱根から東京・多摩、埼玉・秩父にかけて10センチ、平野部で5センチ、東京23区で2センチ。

 東京での初雪は平年(1月3日)よりも40日早く、昨冬(同12日)よりも49日早い。関東各地の11月の降雪は、宇都宮、水戸両市では1985年以来31年ぶり、前橋市、埼玉県熊谷市では2002年以来14年ぶり。

 この雪の影響で、東京都小平市さいたま市などで転倒して骨折するけが人が出た。鉄道ダイヤも乱れ、JR青梅線や中央線の一部区間で運転を見合わせたほか、小田急線や京急線西武線などの私鉄で最大20~30分程度の遅れが出た。

2016年11月24日 11時23分    Copyright © The Yomiuri Shimbun