今日のニュース

気になったニュース

前前前世に降った?隕石、福岡に 「世界最古」説のナゾ

f:id:obaco:20161123072728j:image

直方の神社に伝わる「世界最古」の隕石!?

 福岡県直方市の神社に、「世界最古」と言われる「直方隕石(いんせき)」がある。平安時代に空から降ってきた「飛石(とびいし)」として伝えられている。どんな隕石なのか。

 10月22日、小雨が降る須賀神社直方市下境)。5年に1度開かれる神幸大祭で、隕石が公開される貴重な機会だ。透明なケースに入ったこぶし大の隕石が輿(こし)に載せられると、周囲はカメラを手にした人たちであふれかえった。

 神社で語り継がれる伝承はこうだ。「861(貞観〈じょうがん〉3)年4月7日夜、一帯が真昼にも増した明るさになり、境内で激しい爆発音が起きた。翌日、深くえぐられた土の中から黒く焦げた石を掘り出し、天から飛来した石として桐箱(きりばこ)に納めて丁寧に保存した」

 この隕石の存在が広く知られるようになったのは1979年。地元の郷土史家・舌間信夫さん(89)が27年発行の「旧下境村誌」の記述をもとに、「須賀神社の飛石」として市報で紹介した。それが国立科学博物館(東京)の知るところとなり、当時の理化学研究部長が宮司宅を訪れて調べた。

 同博物館によると、石の特徴から隕石と確認。さらに隕石が入っていた桐箱のふたの裏に「貞観三年四月七日ニ納ム」とあった。桐箱の年代を「放射性炭素年代測定」で調べると、西暦410年±350年という結果に。この結果と伝承を踏まえ、「目撃記録を伴う世界最古の隕石」と確認されたという。神社は1992年、社殿を建て替えた際に「世界最古 直方隕石之碑」を建立した。

 ただ、この「世界最古」には懐疑的な声もある。県文化財保護指導委員で郷土史家の牛嶋英俊さん(70)は宮司の目撃談から、江戸時代落下説を唱えている。

 牛嶋さんによると、江戸後期、福岡藩士の国学者青柳種信らが各地を巡ってまとめた「筑前町村書上帳」の中に、「下境村祇園社(現・須賀神社)ノ飛石伝記」がある。1749(寛延2)年5月29日、当時の宮司の岩熊正義が隕石が落下するのを目撃したという内容で、隕石の大きさや形が直方隕石と酷似しているという。

 牛嶋さんは海外最古の例がフランスのエンシスハイム隕石の1492年である点にも注目。「直方隕石の861年は異常な例外値。年代を測定したのは桐箱で、日付の書体や文体は幕末や明治のもの。古文書から江戸時代と考えるのが自然だ」と指摘する。

 神社の伝承通り世界最古なのか、古文書通り江戸時代なのか。謎は謎のままだが、訪れる人は、はるか昔の隕石落下に思いをはせる。北九州市の木崎奈央子さん(44)は「科学が未発達の時代に降ってきた石が、私たちの前に姿を現してくれている。ロマンですね」と目を細めた。(藤山圭)

2016年11月23日05時07分    朝日新聞デジタル