今日のニュース

気になったニュース

メンチ食中毒、材料にO157付着で二次汚染か

 静岡県沼津市の食品加工会社「タケフーズ」が製造した冷凍メンチを原因とする腸管出血性大腸菌Oオー157の食中毒問題で、同県は16日、患者と残っていた冷凍メンチから検出された菌の遺伝子型がすべて一致したと発表した。

 静岡県は「O157が原材料に付着して工場内に入り、工場内に菌が残り、二次汚染が発生したと推測される」として、同社に食材の殺菌や製造器具の消毒の徹底などを指導した。

 発表によると、遺伝子型が一致したのは、同社が製造し、神奈川県の食肉販売会社「肉の石川」が販売した「和牛・相模豚 メンチ 肉の石川」(8月31日製造)、静岡県の食肉加工・販売会社「米久」が販売した「ジューシーメンチカツ」(9月21日、23日製造)、広島市内の飲食店で提供された冷凍メンチ(7月22日または9月23日製造)を食べた41人。
2016年11月16日 20時57分    Copyright © The Yomiuri Shimbun