読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

高額抗がん剤オプジーボ、50%値下げ決定 来年2月

f:id:obaco:20161116142750j:image

 患者1人で年約3500万円かかる新型のがん治療薬「オプジーボ」について、厚生労働省は16日の中央社会保険医療協議会厚労相の諮問機関)で、来年2月に薬価を半額にすることを提案し、了承された。オプジーボの国内価格は米国や英国の2~5倍。高額すぎるとの批判が出て、緊急的に値下げが決まった。
 厚労省は当初、25%の引き下げを検討したが、首相官邸の意向を受けて引き下げ幅を拡大した。薬価の改定は原則2年に1度。次回は2018年4月だが、今回は特例で引き下げる。

 オプジーボは14年9月に皮膚がんの薬として発売され、年470人程度の患者で採算がとれるように価格が高めに設定された。だが、昨年12月に肺がんにも使えるようになって対象患者が約1万5千人に広がり、販売額が急増した。

2016年11月16日11時47分    朝日新聞デジタル

  

 

超高額「オプジーボ」、異例の50%緊急値下げ

 高額ながん免疫治療薬「オプジーボ」について、厚生労働省は16日、中央社会保険医療協議会中医協)に、50%の緊急値下げを提案し、了承された。

 薬価の見直しは2年に1回が原則で、次回は2018年4月の予定だったが、17年2月から引き下げる。通常の改定を待たない値下げは極めて異例の対応となる。

 オプジーボは小野薬品工業大阪市)が開発し、14年に患者数の少ない皮膚がんの治療薬として、世界で初めて日本で承認、保険適用された。昨年末から肺がんでも使えるようになり、患者数が大幅に増えた。薬価は100ミリ・グラムあたり約73万円で、体重60キロの肺がん患者1人年間約3500万円かかる。医療保険財政への影響を懸念する声が高まり、同省は緊急的な値下げの検討を進めていた。
2016年11月16日 12時36分    Copyright © The Yomiuri Shimbun